付き合って一年目のカップル、彼に「別れよう」と言われない為に

彼との付き合いが長くなり、段々二人でいることが当たり前になると、感謝の気持ちが薄れてくるようになります。
一年も過ぎる頃には、マンネリのデートや会話も飽きてきて、刺激を求めて心無い言葉や態度を取ってしまうこともあるでしょう。
マンネリ期になって「別れた方が良いのではないか」と彼に思わせてしまう言動とはどのようなものでしょうか。

 

手抜きファッションでデートに来る

 

最初の頃のオシャレなファッションとは変わり、明らかに楽なゴム入りのパンツを履いてきたり、メイクもほぼせずに現れるようになります。
理由は「動き易いから」「花粉症でアイメイクができないから」などですが、気合の入れ方は彼への価値観と比例すると思って良いでしょう。

 

出不精になる

 

デートに誘われても「疲れた」「めんどくさい」を理由に断るようになります。
慣れてくればワガママも言えるようになるのが良い関係であるはずですが、「だったらどうしたいか」ということを考えましょう。
おうちデートにして午後からのんびりと散歩する、デートは平日は避けるなど、細く長く付き合える方法を探りましょう。
普段会話が減ったことはむしろ気を遣わない関係になれた証として受けとめ、その代わりに食事の時には楽しい雰囲気を大切にしましょう。

 

彼を便利屋代わりに使う

 

昔のアッシーとして、遅くまで飲み会があれば迎えに来させたり、彼のマンションが都会にあればホテル代わりに泊まったりします。
彼をアゴで使うくらいならば同棲の形を取った方がまだ誠実と言えます。

 

おわりに

 

どのカップルも一年を過ぎた頃には熱愛も冷めてくるものです。
そこを乗り越えたカップルは、自然体で一緒にいられる為の努力をしていたと思って良いでしょう。
彼と外で待ち合わせるのも独身のうちです、自由なデートを楽しみましょう。

 

 

復縁占いで元カレとよりを戻す トップページ