彼の方が家事が得意だとしても、それ以上に「家庭的だな」と思わせるには

最近では「主夫」「イクメン」などの言葉に表されるように、家事ができる男性も増えています。
家事が得意な彼を持ってしまった場合、それ以上の家庭的な部分を見せないと、「結婚して一緒にいたい女性」と思って貰えませんね。
どんな方法で彼にアピールすれば良いのでしょうか。

 

1.手際の良さをアピール

 

家庭的な女性は、料理をする時に手際の良さもテクニックの一つです。
料理を作っている時に、洗い物を同時進行させることで女性ならではの手際の良さをアピールしましょう。
食事をする段階で、全ての鍋や調理器具を洗い終わっていて、ガステーブルの油汚れもキレイになっている状態にできれば上出来です。

 

2.裁縫をアピール

 

男性は指が太いせいもあり、裁縫は苦手なものです。
女性のたしなみとして、裁縫ができるのは強みですね。
ボタン付けは慣れればささっと出来るようになります。
携帯用のソーイングセットではなく、家にきちんと針と糸を置いておくと良いですね。

 

3.アイロンがけをアピール

 

アイロンがけは、主婦でも苦手な人が多いものです。
ワイシャツは最近ではクリーニングに出せばお金でキレイにしてもらえますので心配いりません。
ハンカチやコットンのシャツなど、自宅でちょっとしたアイロンがけが出来る様になっておきましょう。

 

4.片付けをアピール

 

殆どの男性が、散らかったら片付ける、という方針にしています。
女性でしたらそもそも散らかさずに、その都度片付けるということを大切にしましょう。
会話をしなからさりげなく洗濯ものをたたむ、落ちているゴミを拾うなどの所作をすれば良いでしょう。

 

終わりに

 

女性の細やかさは家事をする上で強みになります。
先を読んだ家事、動線を大切にした家事、節約に繋がる家事は女性の得意技です。
男性との感性の違いでアピールすれば良いでしょう。

 

 

復縁占いで元カレとよりを戻す トップページ